T-01B/よくある質問/ソフトウェア - T-01B/T01B

Top > T-01B > よくある質問 > ソフトウェア

T-01B/よくある質問/ソフトウェア

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

4.1型有機EL液晶+静電容量タッチセンサ+スライドキーボード搭載の 2010年夏モデル NTTドコモ T-01B に関するよくある質問です。


※回答の最後に《K01》と表記しているものは、T-01Bのベースモデルの東芝製端末 K01 の情報を基にしたものです。

Q.SIMロックはされていますか?

A.SIMロックの扱いに関してはまだ議論が続いている状況なので、現状ではかかっていると思われます。

Q.本体にはどんなアプリケーションが搭載されていますか?

A.Windows Mobile 6.5.3 の OS 標準以外では、「Spb Backup」や「Facebook and YouTube apps」、名刺リーダーなどが標準でインストールされているようです。《K01》

Q.キーロックの解除の仕方は?

A.調査中です。

Q.YouTube の視聴はどのアプリケーションでできますか?

A.同じ東芝製の「T-01A」には標準で「Kinoma Play」というアプリケーションが入っていましたが、「Facebook and YouTube apps」という新たな独自アプリの可能性があります。《K01》

Q.T-01Bで撮影した写真を手軽に知り合いに見せる良い方法はありますか?

A.Windows Live IDをお持ちなら、「Windows Live Photos」がお手軽です。Windows Live Photos は Windows Live Skydrive の 25GB のスペースに写真を保存し、ほかのユーザーに公開したり、共有したりできます。Windows Live Photos の導入から写真を相手に公開するまでの手順は下記のとおりです。

  1.  Windows Live for Windows Mobile にアクセス
    http://wmph.windowslive.jp/
  2.  「Windows Live Photos」をクリックして cab ファイルをダウンロード & インストール (自動)
  3.  「プログラム」から「Windows Live Photos」を起動
  4.  取得済の Windows Live ID を入力してサインイン
  5.  「共有」をクリックするとカメラで撮影した写真や本体内の画像がサムネイルで一覧表示されるので、アップロードしたいものにチェックを入れる
  6.  「アップロード」をタップしてアップロードする
  7.  写真のアップロードが終わったら「E-Mail」をタップして写真のURLを送信
  8.  自動的に「メール」が起動するので写真を見せたい相手のアドレスを入力して送信

これで相手のメールアドレスに写真をアップロードした先の URL (モバイル向けと PC 向け URL) が送られ、相手がそこにアクセスすれば写真を見ることができます。閲覧のみなら相手が Windows Live ID を持っていなくても可能です。

一度 Windows Live ID を入力してサインインすれば以降は Windows Live Photos を起動すると自動的にサインインします。また、共有 (アップロード) 済の写真に関しては、次回はサムネイルに表示されないため、同じ写真を二度アップロードすることもありません。

Q.メールソフトは選べますか?

A.自由にアプリを追加できる Windows Mobile 6.5.3 を採用しているので、WindowsCE FAN のソフトウェアライブラリ や、Aplio を利用して、様々なメーラーを選択することができます。

Q.GoogleカレンダーとActiveSyncで同期したいのですが、どうすればよいですか?

A.Google の連絡先・予定表データ同期サービス「Google Sync」は標準で Windows Mobile に対応しています。下記の手順で同期が可能です。

  1.  ActiveSync で「サーバーのソースの追加」を選択
  2.  「電子メールアドレスの入力」で「電子メールアドレス」に Gmailのメールアドレスを入力 (「Exchange サーバ設定を自動的に検出する」のチェックボックスはオフにする)
  3.  「サーバー設定の編集」で「サーバーアドレス」に「m.google.com」と入力
  4.  「ユーザー情報」で「ユーザー名 (○○@gmail.com まで入れる)」と「パスワード」を入力
  5.  「サーバー設定の編集」の「同期するコンテンツ」で連絡先と予定表、メール以外のチェックを外す
  6.  「サーバー設定の編集」の「メニュー」から「詳細設定」を選択
  7.  現在端末上にあるアイテム (連絡先や予定) を消したくない場合は「競合が発生した場合:」のプルダウンメニューを「デバイスのアイテムを保持する」に変更し「保存」を選択
  8.  「サーバー設定の編集」画面で「完了」を選択

ActiveSync のサポートコードのエラーが出た場合は、下記のブログで紹介されている方法で解決するかもしれません。


NTT docomo T-01B レビュー一覧


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Thu, 17 Jun 2010 04:28:26 JST (2538d)